佐賀牛とは?

佐賀肉牛ブランドのご紹介

「佐賀牛」とは…

佐賀牛イメージ

全国に約150程ある「○○牛」といった牛の銘柄の中で、全国トップクラスの高品質の牛肉として安定的に供給できる産地がJAグループ佐賀です。
そのJAグループ佐賀管内肥育農家で飼育された黒毛和種であって、(社)日本食肉格付協会の定める牛取引規格の最高の肉質である「5」等級および「4」等級のBMS「No.7」以上を「佐賀牛」と呼び、それ以下を「佐賀産和牛」と分けてブランド化しております。

肉質等級表

柔らかい赤身の中にきめ細やかに風味ただよう脂肪が入った見事な霜降り牛肉。ステーキによし、しゃぶしゃぶによし。この甘くてこくのある美味い肉は、佐賀県特有の穏やかな気候と美味しい水、澄み切った空気のたまものです。さらにJAグループ佐賀管内肥育農家では、子牛のうちから特別の愛情と、熟練した飼育技術をもって、ストレスがかからないように、えさの配合からやり方などきめ細やかな気配りをしています。

「佐賀交雑牛」とは…

赤身が多く発育の早いホルスタイン種(乳用種)を母親に、きめ細やかな優れた肉質の黒毛和種を父親に持つ肉牛が「交雑種」です。
JAグループ佐賀の肥育農家で飼育された交雑種を「佐賀交雑牛」と名づけました。
和牛とホルスタイン種の互いの優れたところを上手く引き出し、肉質は柔らかく、美味しい牛肉に仕上げました。

佐賀牛の概況

年度 主な動き 備考
昭和58年
(1983年)
「佐賀牛」のはじまり 県下の若手肥育農家グループが研究を重ね、出荷された肉牛から肉質の向上が顕著となり、現在の「佐賀牛」の基礎となった。
昭和59年
(1984年)
「佐賀牛」と命名し販売を開始 大阪市食肉市場において、県下JAグループから出荷する肉牛枝肉に「佐賀牛」シールを貼付し販売を開始した。
昭和60~
62年
(1985~
1987年)
食肉業界で「佐賀牛」銘柄浸透 県下全体で肉質向上が顕著となり出荷頭数も増加する。
昭和63年
(1988年)
「佐賀牛」取扱指定店制度の発足 (社)日本食肉格付協会牛枝肉取引規格の肉質等級の最高規格である「5」等級を常時販売する店舗を認定条件とした。
「佐賀牛」のテレビCMの放映開始 関西地区を中心にCM放映を開始し、消費者への銘柄浸透を図る。
キャッチコピー
『神戸あたりでは知られていたが、
もう名乗ってもいいでしょう「佐賀牛」』
雑誌・新聞等による「佐賀牛」宣伝開始 月刊誌・新聞及び駅構内における電照広告等広く消費者にアピール。
キャッチコピー
『味にサガでる「佐賀牛」』
『サガし求めて究極の味「佐賀牛」』
年度 主な動き 備考
平成3年
(1991年)
「佐賀牛」販売促進協議会の設立 県内「佐賀牛」取扱指定店の拡大を目的とし発足。協議会メンバーとして県・県食肉公正取引協議会。
平成4年
(1992年)
「佐賀牛」マークの商標登録  
平成5年
(1993年)
関西及び北九州を中心に新たなテレビCMの放映開始 若者に圧倒的人気がある「ウッチャン・ナンチャン」の内村光良氏をCM監督に起用した新企画で作成。
佐賀牛レストラン「季楽」オープン 佐賀市内に直営レストラン「季楽」がオープンした。
平成7年
(1995年)
関西及び北九州を中心に新たなテレビCMの放映開始 料理の鉄人「フレンチの坂井」を起用。
平成8年
(1996年)
「佐賀産和牛」取扱指定店制度の発足 (社)日本食肉格付協会牛枝肉取引規格の肉質等級「3」「4」等級を常時販売する店舗を認定条件とした。
年度 主な動き 備考
平成11年
(1999年)
関西及び北九州を中心に新たなテレビCMの放映開始 声楽家「栗林義信」を起用
平成12年
(2000年)
「佐賀牛」の商標登録完了  
九州・沖縄サミットの蔵相会議時ディナー食材として「佐賀牛」が選ばれる。 7月8日にホテル日航福岡で開催された、九州・沖縄サミット蔵相会議時のディナーで、「佐賀牛」を食材とした料理が各国の関係者に振舞われた。
平成13年
(2001年)
関西及び北九州を中心に新たなテレビCMの放映開始 コンピューターグラフィック(CG化)した牛と生産者自ら出演したCMを作成した。
人気料理番組「どっちの料理ショー」の特選素材に「佐賀牛」が取り上げられた。  
BSE発生 「佐賀牛」の安全性を重視した販促資材を作成した。・ポスター・チラシ・パネル等
平成14年
(2002年)
「JAグループ佐賀肉牛農場証明書」を発行 消費者に県産牛肉の安全性と安心・信頼を向上するため、明確な生産履歴を提示するトレーサビリティ・システムを構築し全販売先に対し出荷肉牛の生産履歴と農家の顔写真を掲載した「JAグループ佐賀肉牛農場証明書」を添付し差別化販売の促進につとめた。
平成15年
(2003年)
HP「さが肉牛農場通信」を開設 「JAグループ佐賀肉牛安心システム」の一環として、JAグループ佐賀肉牛のホームページを開設した。
HPでは、JAグループ佐賀肉牛の履歴や指定店の紹介等、JAグループ佐賀肉牛の情報を公開することによって、安心・安全を消費者へアピールした。
年度 主な動き 備考
平成16年
(2004年)
「佐賀牛」「佐賀産和牛」定義基準の変更 JAグループ佐賀では、安定供給を図るため、平成16年1月1日と畜分の枝肉から「佐賀牛」「佐賀産和牛」の定義基準を変更した。
基準の変更内容は、「佐賀牛」を肉質の最高「5」等級・脂肪交雑(BMS)「No.8」以上に限定していたものを、「4」等級のうち最上級であるBMS「No.7」以上までに基準を広げた。
平成17年
(2005年)
HP「さが肉牛農場通信」の携帯電話サイトを開設 「二次元バーコード(QRコード)」を活用し、携帯電話で、購入した牛肉の生産履歴等を確認できるサイトを開設した。
佐賀牛レストラン
「銀座季楽」
オープン
東京の銀座に佐賀牛レストラン「銀座季楽」がオープンした。
平成18年
(2006年)
人気番組「平成教育委員会」および「どっちの料理ショー」で「佐賀牛」が取り上げられた。  
平成19年
(2007年)
「佐賀産和牛」の地域団体商標登録  
「佐賀牛」の海外輸出開始 香港に向けて「佐賀牛」の輸出を開始した。
佐賀牛レストラン
「博多季楽」
オープン
福岡 博多に佐賀牛レストラン「博多季楽」がオープンした。
平成20年
(2008年)
「佐賀牛」のアメリカ輸出開始 香港に続き、アメリカに向けて「佐賀牛」の輸出を開始した。
年度 主な動き 備考
平成21年
(2009年)
全国7ヶ所に佐賀牛広告看板を設置 佐賀牛消費宣伝事業委員会において、モノレール浜松町駅・JR新大阪駅・JR博多駅・福岡空港・J2サガントスホームスタジアム等に「艶さし、プレミアム 佐賀牛」の看板を設置
10月10日「焼肉レストラン季楽鳥栖店」オープン  
平成22年
(2010年)
「佐賀牛」のマカオ輸出開始
平成23年
(2011年)
「佐賀牛」のシンガポール輸出開始 シンガポールに初の「佐賀牛」指定店を認定
平成24年
(2012年)
「佐賀牛」対米輸出の再開 平成22年に国内で発生口蹄疫の影響により停止していた「佐賀牛」の対米輸出を、9月より再開した。

最高級の牛を育てる佐賀肉牛のえさ説明

配合飼料とは

くみあい配合飼料 特選佐賀牛
くみあい配合飼料 特選佐賀牛

家畜・家禽に対して栄養的に配慮し、畜産物を生産することを目的に、多種類の原料を配合設計した飼料です。

配合飼料以外の飼料とは

とうもろこし
単味飼料のとうもろこし

ここでは、単味飼料、混合飼料、発酵飼料を紹介しています。

  1. 単味飼料とは、生産された飼料そのもので、家畜にそのまま給与されたり、配合飼料や混合飼料の原材料となる個々の飼料です。
  2. 混合飼料とは、2種類もしくは3種類の飼料を混合した飼料です。
  3. 発酵飼料とは、発酵処理をした飼料をいいます。

粗飼料とは

佐賀県産稲わら
佐賀県産稲わら

栄養価による分類で濃厚飼料に対する言葉です。容積が大きく粗繊維が多く、家畜に満腹感を与え、便通を良くする効果があります。
飼料としての性質により、次のように区分することができます。

  1. 水分含量が少なく、粗繊維の多いもの。ワラ類・穀類・乾草類など。粗繊維18%以上のものを粗飼料とよんでいる国もあります。
  2. 水分含量が多いもの。生草類・青刈作物・サイレージ・根菜類など。一般的に多汁質飼料とよばれています。

佐賀肉牛(和牛)の標準的な飼養管理体系表

佐賀肉牛(和牛)の標準的な飼養管理体系表はこちら

えさの種類

配合飼料

くみあい配合飼料 特選佐賀牛
くみあい配合飼料 特選佐賀牛
JAグループ佐賀の肉用牛肥育用の基礎配合飼料は、原材料の配合割合の若干の違いにより、「特選佐賀牛」を中心とした1号から33号まで約十種類あります。配合している原材料は、とうもろこし、大麦、ふすま、特殊ふすま、マイロ、大豆油粕、米ぬか、アルファルファミール、コーングルテンミール、糖蜜、炭酸カルシウム、食塩などです。
くみあい配合飼料 ニューエース3号
くみあい配合飼料 ニューエース3号
肉用牛肥育用配合飼料です。配合している原材料は、とうもろこし、マイロ、大麦、ふすま、大豆油粕、米ぬか、コーングルテンフィード、糖蜜、炭酸カルシウム、食塩などです。
くみあい配合飼料 ゆたか
くみあい配合飼料 ゆたか
肉用牛肥育用配合飼料です。配合している原材料は、とうもろこし、ライ麦、ふすま、大豆油粕、糖蜜、炭酸カルシウム、食塩などです。
くみあい配合飼料 ヒカル1号
くみあい配合飼料 ヒカル1号
肉用牛肥育用配合飼料です。配合している原材料は、とうもろこし、大麦、小麦、ライ麦、ふすま、麦ぬか、大豆油粕、コーングルテンミール、糖蜜、炭酸カルシウム、食塩などです。

配合飼料以外の飼料(単味飼料や発酵飼料など)

とうもろこし
とうもろこし
配合飼料に最もよく使用される飼料用穀物で、デンプン質にとみ、穀類としては脂肪分が多いので飼料のエネルギー源として用いられます。
とうもろこし圧ぺん
とうもろこし圧ぺん
とうもろこし圧ぺん
とうもろこし圧ぺん
とうもろこしに蒸気を通じて加熱し、ロールで圧ぺん後、乾燥・冷却してフレーク状にしたもの。
くみあい飼料製品は、とうもろこしの圧ぺん95%にA(アルファペレット5%入り)とB(麦ぬかペレット5%入り)の二種類があります。
大麦
大麦
大麦
飼料用の大麦については、政府が買入れ、保管及び売疫操作を行っています。大麦は、肉用牛等大家畜に給与され、肉質改善に効果があります。
通常加圧加工した圧ぺんと粉砕加工したばん砕大麦とがあります。
マイロ
マイロ
グレインソルガムの一品種である飼料用穀物です。デンプンが多く、粗繊維が少ないため、とうもろこしと同様に飼料の重要なエネルギー源として使用されています。
ふすま
ふすま
特殊ふすま
小麦から小麦粉を製造する際に発生する副産物で、主に外皮の部分から成ります。
製粉メーカーが小麦粉を製造する際に通常(約2割)の歩留りで発生するものを一般ふすまと呼び、これに対して、小麦粉の部分を多くして、飼料としての栄養価を高めたものを特殊ふすまといいます。
大豆粕
大豆粕
大豆は油分を約20%含んでおり、食用として搾油されていますがその搾った後の粕を大豆粕と呼んでいます。
成分的には粗蛋白が44~48%と高く、アミノ酸バランスにもすぐれているため、最良の植物性蛋白質飼料として評価されています。
製造過程により粒状のミール、4つ割圧扁のフレーク・8つ割圧扁のセミフレークなどがあります。
アルファルファペレット
アルファルファペレット
マメ科の牧草アルファルファを乾燥後ミール状に粉砕して直径6mm程度のペレットに加工したものです。アルファルファペレットは粗蛋白質が高いだけでなく、カロチンやビタミンEが豊富に含まれています。
コーングルテンミール
コーングルテンミール
とうもろこしからコーンスターチを製造する工程において得られます。
粗蛋白質が60%以上と高く、カロチンやキサントフィルを多く含みます。
牛混1号
牛混1号
とうもろこしを粉砕加工し、粉状にしたものを主体に、ばん砕大麦を加えたもので、二種類の穀物を混合した飼料です。
発酵飼料
発酵飼料

  1. 発酵
    微生物によって有機物を分解し、サイレージ発酵・乳酸発酵のように有用な物質を生産することを言います。
  2. 発酵処理
    デンプンの多い飼料にコウジや酵母等の微生物を繁殖させて発酵させることを言います。発酵処理は、飼料のフレーバーを改善し、嗜好性を高めるほか、無機態窒素を有効な微生物蛋白質に転換する効果があります。
  3. 発酵飼料
    発酵処理をした飼料を言います。ビール粕を主体としてグルテンフィードなどのデンプン農産物副産物、糖蜜などの製糖副産物、生米糖などの糟糠類を混合発酵させた飼料などがあります。これらの発酵飼料は良質の粗繊維を含み、牛の嗜好性を高めるなどの効果があります。

粗飼料

佐賀県産稲わら
佐賀県産稲わら
水稲の茎を乾燥させたもの。主に米どころである佐賀平野で稲刈り後の水田で細断し、数日間天日乾燥させた良質粗飼料。第一胃づくり、体型づくりに最適な粗飼料です。
チモシー
チモシー
イネ科の多年草で冷涼な気候を好みます。再生力が弱いため、刈取りは年2回程度です。栄養バランス・消化ともにすぐれており、日本では主に競馬用に輸入されてきましたが、県内でも肥育用に定着してきています。
オーツヘイ
オーツヘイ
イネ科の1年草であるえん麦(からす麦)を青刈し、乾燥させたものです。広く温帯地域で栽培されています。
比較的栄養価の高い牧草です。
ライグラスストロー
ライグラスストロー
イネ科の牧草で多年草と1年草があります。耐寒性・耐雪性にすぐれており、湿気の多い気候に適しています。繊維分に富んでいるほかは栄養価はあまり高くありませんが、イナワラの代替品として利用されています。
ヘイキューブ
ヘイキューブ
マメ科の多年草であるアルファルファ(英名はルーサン)を乾燥し、キューブ状に圧縮成型したものです。輸送が便利であり、ペレットより粗剛性にすぐれています。粗蛋白質が多く、ビタミン類・カルシウムも豊富に含まれています。
ミニキューブ
ミニキューブ
ミニキューブは、従来のヘイキューブに比べて小さいことから「ミニキューブ」と呼ばれています。
成分はヘイキューブとほぼ同じですが、機械乾燥したアルファルファを使用しているため、品質のばらつきが少ないことが特徴です。また、サイズが小さいことから、子牛・成牛のいずれにも給与できるため、広く利用されています。
生産履歴検索
佐賀牛生産農場
メディアルーム
佐賀牛レストラン 季楽
佐賀牛携帯サイトはこちらのQRコードから